Browsing Posts of Author

Tracing the origin of museums in Japan, Yushima Shrine, thro...

Yushima Seido occupies a significant place in Japanese history, marking the geographic birthplace of modern education and universities (including the University of Tokyo, Ochanomizu University and Tsu...

2016-04-23 (土)

The Shinobazu area seen from the activities of a Chinese sch...

The Shinobazu area has played host to the vibrant activities of intellectuals throughout history. One early example is a Chinese scholar, Shu Shunsui (Zhu Shunshui)(1600-1682), who lived on the premis...

2016-04-23 (土)

朱舜水という中国知識人の活動から見るしのばずエリア

しのばずエリアは歴史の中で知識人たちの溜まり場で、彼らの活躍を見届けていた。朱舜水(しゅ しゅんすい)(1600-1682)という中国人知識人はその一人として挙げられる。舜水は1668年から82年に亡くなるまで、水戸藩の領地(現在の東京大学農学部あたり)で暮らしていた。彼は日本での儒教発展におおいに貢献し、歴史に名が刻まれている。 中国明朝(1368-1644)の復興運動に挫折した舜水は、漢...

2016-04-23 (土)

不忍今昔:視覚資料から見る不忍弁天堂(3)天龍門と博覧会

前回の記事に引き続き、今回の記事は視覚資料と照らし合わせ、博覧会という晴れ舞台のなかの弁天島と天龍門の姿を中心として紹介する。 不忍弁天堂天龍門が大正3年(1914)から昭和20年(1945)までのわずか30年ほどのあいだ建っていた。設計者の伊東忠太はこれが自身の作品の中でもっとも会心の作だと学生の岸田日出刀に話したが、実際の建物の規模は極めて小さかった。起工は大正2年(1913) 3月で、...

2016-04-11 (月)

不忍今昔:視覚資料から見る不忍弁天堂(2)消失した天龍門

前回の記事に引き続き、今回の記事は不忍弁天堂天龍門に焦点を絞り、紹介する。 明治初年の廃仏毀釈運動により、鳥居がなくなった。鳥居の少し奥、岸から弁天堂へ向かう参道の途中に、大正3年(1914)から昭和20年(1945)までのわずか30年ほどだが、「天龍門」という中国風の門が立っていた。そして、不忍池のまわりは「春は桜、夏は蓮、秋は月、冬は雪」(『しのばずの池事典』, 7)と言われて自然が楽し...

2016-04-11 (月)

不忍今昔:視覚資料から見る不忍弁天堂(1)消えた鳥居

不忍池周辺で歴史の中で変わりつつ、姿を消したものがいくつかある。以前不忍池競馬場に触れたが、今回の記事は、かつて弁天島にかけられていた弁天堂の鳥居と門の変遷に焦点を当て、視覚資料をてがかりとして紹介する。 まず、弁天島の成り立ちについて紹介する。不忍池の中之島ができたのは寛永年間(1624-44)。常陸下館(ひたち しもだて)藩主水谷勝隆(みずのや かつたか)(1597-1664)が幕府の朝...

2016-04-11 (月)

追溯上野和本乡合作的源头(其二):东京大学学者的弥生遗迹发现

延续上次文章的内容,这回将着眼于19世纪末东京大学研究员的考古发掘调查来追溯上野和本乡之间的地区合作。这里讲介绍的人物包括坪井正五郎(1863-1913)、白井光太郎(1863-1932)、有坂鉊藏(1968-1941)和他们之后的世代。 坪井,白井和有坂在1884年现在东京都文京区的弥生二丁目挖掘到了弥生式土器。发掘调查当时,他们还是20岁前半,坪井,白井在东京帝国大学理学大学,有坂在帝国...

2015-09-21 (月)

上野と本郷連携のルーツを遡る(2)ー東京大学学者による弥生遺跡の発見

前回の内容を受けて、今回の記事では、19世紀末に東京大学の研究者が行った考古学発掘調査に見られる上野と本郷の地域間連携の起源を辿ってみたい。ここに関わる人物には、坪井正五郎(1863-1913)、白井光太郎(1863-1932)、有坂鉊蔵(1968-1941)とそれに続く世代の人々が含まれる。 坪井と白井、有坂は1884年に現在の東京都文京区にある弥生二丁目で弥生式土器を発掘した。その発掘調...

2015-09-21 (月)

Tracing the origin of connections between the Ueno and Hongo...

Following the previous article, this time we try to trace the origin of Ueno-Hongo area coordination from the archaeological excavation activities by scholars and researchers from the University of To...

2015-09-21 (月)

追溯上野和本乡合作的源头: 东京大学年轻建筑师的本乡文教地区构想

这次的短文将着眼于上野和本乡两区域合作的早期事例之一,东京大学的建筑师们对文京地区计划。上一回提到了石川荣耀(1893-1955)的构想,而实际将石川的城市规划的概念投入到设计中的,则是这回重点介绍的高山英华(1910-1999)和丹下健三(1913-2005)等东京大学的年轻研究者及建筑师。 本乡的文教地区基本计划反映了石川以及当时东大校长兼文教地区计划协议会会长的南原繁(1889-197...

2015-09-16 (水)
Copyright © 2014 東京大学大学院情報学環吉見俊哉研究室 contact at shinobazu-prj [at] googlegroups.com