文化資源発掘

国内でも比類ない博物館群、日本近代以降の学問の集積地、江戸時代以降の地理的・歴史的特徴を湛えた地。このような不忍池を中心とした上野・本郷地域は、見えるところと見えないところにとても多くの文化的な資源を抱えています。当プロジェクトの調査の中で浮かび上がってきたことについて紹介していきます。

記事で参照した文献の一覧 → 参考文献リスト

不忍今昔:上野不忍池競馬場

今日、不忍池はゆるやかな楕円形(図1)をしているが、元からこの形だったわけではなく、明治時代初期までは池の北側から藍染川が注ぎ、現在とはかなり異なった形をしていた。現在の形状は、明治時代に池畔を競馬場として使用するために実施された埋立工事に由来している。ここでは、不忍池競馬場の開設とそれによる池畔の変化について見ていく。 図1 現在の不忍池 出典:google maps(2014年5月17...

2014-12-26 (金)

ここはどこ?:ジョサイア・コンドル像とオープンスペース

前回に引き続き、ジョサイア・コンドル像がその広場の西側を印象的に際立たせている東京大学工学部キャンパスのオープンスペースについてさらに詳しく調べてみると、そのスペースが特別な存在であることがわかる。 その現在の景観はいくつかの歴史的遺産を記録している。コンドル像とチャールズ・ウェスト像(後者は、20世紀の変わり目の頃にここで機械工学や造船を教えたアイルランド人教授)に加えて、巨大な銀杏の木、...

2014-11-11 (火)

上野の山 寛永寺 消滅した坂

寛永寺寺院は徳川期において上野の山の大部分を占める重要な宗教施設だった。寺院は徳川幕府にとって重要な役割を果たし、戊辰戦争の上野の戦いでは甚大な被害を受けた。明治維新後、山の大部分が再利用され、現在の博物館群が建てられた。今日では寛永寺は上野の山の総面積のほんの一部を占めているにすぎないが、そこにはある種の空間的な連続性と観察可能な変化がみられる。 図1:江都東叡山寛永寺地図 出典:国...

2014-09-30 (火)

ここはどこ?:ジョサイア・コンドル像

ジョサイア・コンドル像は今日東京大学の静かな工学部キャンパスに立ち、元から景観の一部をなしているように見える。広場の中心から離れて工学部一号館に背にして南向きに位置するこの等身大の記念碑は、通行人を脅かしたり畏れを抱かせたりすることなく温かな雰囲気を醸しだしている。人々は時々像のまわりの芝生でピクニックする。 英国生まれのコンドルは25歳で明治政府に雇われ、官民で人気の建...

2014-09-16 (火)

この場所はどこ?:Mモニュメント(続き)

2012年の冬に、Mモニュメントはもともとあった場所からほんの少し移動し、ちょっと違った姿を見せた。 [caption id="attachment_306" align="alignnone" width="300"] Wrapped-up M-Monument[/caption] 念入りに包まれ、格子のある檻のようなものに移されて、Mモニュメントは総合図書館の前にあった木が移植され...

2014-05-27 (火)

歴史的地図としのばず池

江戸時代の地図と現在の東京の地図を比較すると、市内の境界線の形や位置などの急激な変化をみることができる。さらに、一つの地区に焦点を当てることは、時間の経過とともに都市と都市文化がどのように変化したかを理解する手がかりとなる。 街中を通っている道は、時代とともにだんだんと変化していく構成要素である。上野はこのような変化が見られる良い例で、上野にある天然の不忍池は時代とともに変化してきた。162...

2014-04-01 (火)

不忍池と路面電車

今日、上野恩賜公園は、 博物館群、動物園、図書館、東京藝術大学などの教育文化施設が立ち並ぶ文化的地域として知られる。その上野公園のなかで、面積ではおよそ五分の一を占めながら、あまり注目されることのない場所が不忍池である。 不忍池は上野公園の南端に位置し、北に上野動物園、東に京成上野駅、南西に不忍通りと接する。上野の山とも呼ばれる公園を中心に江戸時代より桜の名所として知られ、春には池の周囲も花...

2014-03-31 (月)

この場所はどこ?:Mモニュメント

東京大学本郷キャンパスの赤門を抜けて医学部二号館へまっすぐ進むと、ふたつの円錐が間にある銀の球体を支えるという形をした灰色の彫刻が見える。その彫刻は一見すると奇妙で、周囲のレンガ作りの建造物ともまったく合っていない。本郷キャンパスに並ぶ歴代総長や著名な教授たちの彫像群(例えば、工学部キャンパスにある建築家ジョサイア・コンドル像といった)のなかで、ひときわ異彩を放っているこの非肖像の彫刻にはどのよう...

2014-03-31 (月)
Copyright © 2014 東京大学大学院情報学環吉見俊哉研究室 contact at shinobazu-prj [at] googlegroups.com