タグ :「日本語」一覧

朱舜水という中国知識人の活動から見るしのばずエリア

しのばずエリアは歴史の中で知識人たちの溜まり場で、彼らの活躍を見届けていた。朱舜水(しゅ しゅんすい)(1600-1682)という中国人知識人はその一人として挙げられる。舜水は1668年から82年に亡くなるまで、水戸藩の領地(現在の東京大学農学部あたり)で暮らしていた。彼は日本での儒教発展におおいに貢献し、歴史に名が刻まれている。 中国明朝(1368-1644)の復興運動に挫折した舜水は、漢...

2016-04-23 (土)

不忍今昔:視覚資料から見る不忍弁天堂(3)天龍門と博覧会

前回の記事に引き続き、今回の記事は視覚資料と照らし合わせ、博覧会という晴れ舞台のなかの弁天島と天龍門の姿を中心として紹介する。 不忍弁天堂天龍門が大正3年(1914)から昭和20年(1945)までのわずか30年ほどのあいだ建っていた。設計者の伊東忠太はこれが自身の作品の中でもっとも会心の作だと学生の岸田日出刀に話したが、実際の建物の規模は極めて小さかった。起工は大正2年(1913) 3月で、...

2016-04-11 (月)

不忍今昔:視覚資料から見る不忍弁天堂(2)消失した天龍門

前回の記事に引き続き、今回の記事は不忍弁天堂天龍門に焦点を絞り、紹介する。 明治初年の廃仏毀釈運動により、鳥居がなくなった。鳥居の少し奥、岸から弁天堂へ向かう参道の途中に、大正3年(1914)から昭和20年(1945)までのわずか30年ほどだが、「天龍門」という中国風の門が立っていた。そして、不忍池のまわりは「春は桜、夏は蓮、秋は月、冬は雪」(『しのばずの池事典』, 7)と言われて自然が楽し...

2016-04-11 (月)

不忍今昔:視覚資料から見る不忍弁天堂(1)消えた鳥居

不忍池周辺で歴史の中で変わりつつ、姿を消したものがいくつかある。以前不忍池競馬場に触れたが、今回の記事は、かつて弁天島にかけられていた弁天堂の鳥居と門の変遷に焦点を当て、視覚資料をてがかりとして紹介する。 まず、弁天島の成り立ちについて紹介する。不忍池の中之島ができたのは寛永年間(1624-44)。常陸下館(ひたち しもだて)藩主水谷勝隆(みずのや かつたか)(1597-1664)が幕府の朝...

2016-04-11 (月)

上野と本郷連携のルーツを遡る(2)ー東京大学学者による弥生遺跡の発見

前回の内容を受けて、今回の記事では、19世紀末に東京大学の研究者が行った考古学発掘調査に見られる上野と本郷の地域間連携の起源を辿ってみたい。ここに関わる人物には、坪井正五郎(1863-1913)、白井光太郎(1863-1932)、有坂鉊蔵(1968-1941)とそれに続く世代の人々が含まれる。 坪井と白井、有坂は1884年に現在の東京都文京区にある弥生二丁目で弥生式土器を発掘した。その発掘調...

2015-09-21 (月)

上野と本郷連携のルーツを遡るー東京大学若手建築家による本郷文教地区構想

今回は、上野と本郷のふたつの地域を結ぶ試みの初期の例を示した、東京大学の建築家グループによる文京地区計画に焦点を当てる。前回は石川栄耀(1893-1955)のビジョンに触れたが、彼のコンセプトを実際にデザインに落とし込んでいったのは高山英華(1910-1999)や丹下健三(1913-2005)を含め、東京大学の若き研究者、建築家たちであった。 本郷の文教地区基本計画には石川の都市計画構想と南...

2015-09-16 (水)

石川栄耀と彼の盛り場及び文教地区に関するビジョン

本記事では、東京都戦災復興整理事業に描かれた上野本郷地域の発展ビジョンに焦点を当てる。その計画の大部分は、資金不足や東京の人口を削減しようというその非現実的な目標、計画実施における都行政の中央政府への依存ゆえに実現されなかった。しかしながら、それでもなお同計画は、今後の活動における実行可能な方向性を示している。 東京の都市計画と日本の都市計画理論に貢献した中心人物のひとりが石川栄耀(1893-1...

2015-08-11 (火)

不忍今昔:上野不忍池競馬場

今日、不忍池はゆるやかな楕円形(図1)をしているが、元からこの形だったわけではなく、明治時代初期までは池の北側から藍染川が注ぎ、現在とはかなり異なった形をしていた。現在の形状は、明治時代に池畔を競馬場として使用するために実施された埋立工事に由来している。ここでは、不忍池競馬場の開設とそれによる池畔の変化について見ていく。 図1 現在の不忍池 出典:google maps(2014年5月17...

2014-12-26 (金)

ここはどこ?:ジョサイア・コンドル像とオープンスペース

前回に引き続き、ジョサイア・コンドル像がその広場の西側を印象的に際立たせている東京大学工学部キャンパスのオープンスペースについてさらに詳しく調べてみると、そのスペースが特別な存在であることがわかる。 その現在の景観はいくつかの歴史的遺産を記録している。コンドル像とチャールズ・ウェスト像(後者は、20世紀の変わり目の頃にここで機械工学や造船を教えたアイルランド人教授)に加えて、巨大な銀杏の木、...

2014-11-11 (火)

ここはどこ?:ジョサイア・コンドル像

ジョサイア・コンドル像は今日東京大学の静かな工学部キャンパスに立ち、元から景観の一部をなしているように見える。広場の中心から離れて工学部一号館に背にして南向きに位置するこの等身大の記念碑は、通行人を脅かしたり畏れを抱かせたりすることなく温かな雰囲気を醸しだしている。人々は時々像のまわりの芝生でピクニックする。 英国生まれのコンドルは25歳で明治政府に雇われ、官民で人気の建...

2014-09-16 (火)
Copyright © 2014 東京大学大学院情報学環吉見俊哉研究室 contact at shinobazu-prj [at] googlegroups.com